• トップ >
  • トピックス >
  • 広島県三原市の鳥インフルで県などが消毒作業 養鶏業界は出入り業者の特定急ぐ【動画】

トピックス

広島県三原市の鳥インフルで県などが消毒作業 養鶏業界は出入り業者の特定急ぐ【動画】

2020/12/7 11:55

鳥インフルエンザの感染対策で、車両を消毒する県職員たち=7日午前10時23分、広島県世羅町寺町のせら文化センター(画像の一部を修整しています)

 三原市内の養鶏場の鶏から高病原性とみられる「H5亜型」の鳥インフルエンザウイルスが確認された7日、広島県や市は現場での消毒作業などに追われた。養鶏の業界団体も、発生源の農場に出入りした業者の特定など対応を急いだ。

 現場近くの市大和支所には、未明から資機材を積んだ県の車両が次々に集まった。午前6時台には白い防護服に着替えた県職員が現場の農場に向かい、周辺に石灰をまいていた。

 市内や尾道市、世羅町の山陽自動車道インターチェンジを含む主要道路付近には、県が計7カ所の消毒ポイントを設置した。その一つの世羅町寺町のせら文化センターには午前7時ごろから、町内の養鶏農家や出入り業者などの車両が続々と訪れた。家畜専用の消毒液の噴霧を受け、関係者の靴の消毒もしていた。

 県養鶏協会会長で、世羅ファーム(世羅町)の松本義治社長(70)は「発生源の農場に出入りした、餌や卵などに関わる業者をできる限り詳しく調べている」と険しい表情で話した。

 三原市は午前7時、防疫対策本部を設置した。約20人で連絡会議を開き、国や県と連携して対応することを確認した。岡田吉弘市長は「国内で鶏肉や卵を食べた人の感染例は報告されていない。うわさに惑わされず、風評被害を招かないよう市民に呼び掛けたい」と述べた。

 市は、鳥インフルエンザの発生を伝え、野鳥に近づかないよう啓発する内容のメールを市民向けに送信。市立小中学校と認定こども園を通じて保護者にも周知した。

 発生現場から3キロ以内にある養鶏場には、鶏や卵を移動させないよう指示が出た。該当する市内の養鶏会社の60代男性役員は「40年やってきて初めての事態。不安がないと言えば嘘になるが、とにかく行政と連携して消毒を徹底する。感染が拡大しないよう対処したい」と強調した。

 市内の鶏肉卸業「鳥徳」の小林史典専務(39)は「12月はクリスマス用のもも肉などの予約が多く、長引けば風評被害で影響が大きい。広がらず早く終息してほしい」と心配そうに話した。

広島県三原市で鳥インフルエンザ 県内初、2カ所で計13万4千羽を殺処分に



この記事の写真

  • 鳥インフルエンザ対策で車両を消毒する県職員=7日午前10時32分、広島県世羅町寺町のせら文化センター
  • 養鶏場での消毒作業などに向けて準備する作業員(7日午前6時43分、広島県三原市大和町下徳良の市大和支所)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧

  • 被爆者でノンフィクション作家の関千枝子さん死去  (2/27)

     広島市内で被爆し、「広島第二県女二年西組」などの著書で知られるノンフィクション作家の関千枝子さんが21日、出血性胃潰瘍のため東京都品川区内の自宅で死去した。88歳。通夜は3月4日午後6時から、告別式...

  • 岡山県で1人感染、27日新型コロナ (2/27)

     岡山県で27日、新たに1人の新型コロナウイルス感染が明らかになった。県などによると、岡山市の1人で軽症という。 【関連記事】【グラフ】岡山県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況岡山県知事、支援...

  • 【速報】山口県で3人感染、27日の新型コロナ (2/27)

     山口県で27日、新たに男女3人の新型コロナウイルス感染が確認された。いずれも周南市で、20代の男女と10歳未満の女性。 【関連記事】【グラフ】山口県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況山口県、...

  • 【速報】広島県で感染者発表ゼロ 4カ月ぶり (2/27)

     広島県の新型コロナウイルスの新たな感染者数の発表数が27日はゼロになったことが分かった。県によると、県内で感染の公表がないのは昨年11月3日以来、約4カ月ぶり。 【関連記事】【グラフ】広島県の新型コ...

  • 小森龍邦氏死去、88歳 元衆院議員、部落解放同盟広島県連顧問 (2/27)

     旧社会党の元衆院議員で、部落解放同盟広島県連顧問の小森龍邦氏が26日午後10時56分に肺炎のため府中北市民病院で死去していたことが27日、分かった。88歳。府中市出身。同県連委員長や中央本部書記長な...