地域ニュース

山口県内養鶏・観光業者に危機感 三原の鳥インフル受け消毒など対応強

2020/12/7 21:33
岩国市の吉香公園内にある鵜舎の周りに消毒用石灰をまく飼育員

岩国市の吉香公園内にある鵜舎の周りに消毒用石灰をまく飼育員

 三原市の養鶏場で鳥インフルエンザ発生が確認された7日、山口県内の養鶏業者や観光業の関係者も危機感を募らせた。11月には近隣の福岡や香川でも報告されており「いつ山口で起きてもおかしくない」と警戒を強める。消毒や防護ネットの設置など対応に追われている。
(ここまで 125文字/記事全文 771文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • ペンギンプールなどに張るネットを準備する徳山動物園の職員
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧