地域ニュース

【詳報・克行被告第17回公判】小坂真治・前安芸太田町長証言<2>まな板の上のコイです

2020/12/9 2:57

【弁護側の反対尋問】

弁護人 あなたは安芸太田町長選に3度当選し、公選法に一定の知識がある。

証人 はい。

弁護人 あなたは克行被告が主催した政治資金パーティーに出席している。

証人 はい。

弁護人 克行被告の衆院選を応援してきている。

証人 はい。

弁護人 克行被告もあなたの町長選を応援したか。

証人 はい。

弁護人 克行被告の講演会の三矢会も集会を開くなどして応援してくれたか。

証人 はい。

弁護人 あなたの後援会と安芸太田町三矢会連合会の役員は重なっていないか。

証人 私は三矢会役員の構成を十分に存じていません。

弁護人 佐々木清蔵元町長の後援会を三矢会が引き継いだことは知らないか。

証人 重なっているが、具体的にどなたがどういう役かはしらない。

弁護人 重なっている認識はあるのか。

証人 ベースがですよ。保守支持層が重なっている。

弁護人 克行被告も応援弁士として出席したか。

証人 私の選挙で応援してもらい、私も応援しました。

弁護人 平成31年4月21日に現金を受け取った日、平成31年3月に案里さんが立候補して厳しい選挙になると認識していたか。

証人 はい。

弁護人 溝手顕正氏の票は堅い。県連が応援しないという態度を表明していたからか。

証人 はい。

弁護人 お金を受け取る前から案里さんを応援しようと決めていたか。

証人 はい。

弁護人 衆院選で克行被告から応援を受けた恩返しか。

証人 案里さんに限らず、溝手先生を含めて保守系の候補者を応援しようと思っていました。

弁護人 あなたは平成31年4月21日に克行被告を自宅の部屋に招いた。克行から日程調整の連絡を受けたか。

証人 そうだったと思います。

弁護人 克行被告はなぜ訪れたいと言ったと思うか。

証人 目的、要件を聞いていません。

弁護人 克行被告がなぜ訪れたいと思ったと思うか。

証人 父が3年前になくなった。命日に近く、仏壇に参るのかと期待していました。

弁護人 手を合わせると。

証人 思っていました。

弁護人 平成31年4月21日に克行被告が自宅を訪れたときの会話を覚えているか。

証人 正確には覚えていないが、内容は覚えています。

弁護人 克行被告を部屋に通した後、克行被告から新聞のコピー、過去の参院選の得票数の資料、案里さんの知事選の得票数が書かれた資料を取り出した。

証人 はい。

弁護人 克行被告があなたにこうしてほしいと言ったことはあるか。

証人 具体的な記憶はありません。

弁護人 町で何票確保できるか票読みの話はあったか。

証人 ありませんでした。

弁護人 どの方面の票をとりまとめるかという話は。

証人 そういうことは、ありませんでした。

弁護人 克行被告は「これを」と言っただけか。

証人 はい。内容には触れませんでした。

弁護人 票集め、案里を応援してほしいという言葉は。

証人 ありませんでした。

弁護人 参院選まで3カ月以上あるが、「これを」の3文字でなぜ参院選と結びつけたのか。
(ここまで 1200文字/記事全文 5284文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧