地域ニュース

広島県「早めの収束可能」 東広島の飲食店クラスター、期間中の利用客ほぼ特定

2020/12/9 21:00

 東広島市の飲食店で発生した新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)は、8日までの発表分で、従業員と利用客の計10人に上った。広島県は利用客をほぼ特定してPCR検査を進めていると説明し、「早めの収束は可能」との見解を示す。
(ここまで 113文字/記事全文 584文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧