• トップ >
  • トピックス >
  • 「密接」回避の徹底訴え 広島市長、コロナ感染確認急増で危機感【動画】

トピックス

「密接」回避の徹底訴え 広島市長、コロナ感染確認急増で危機感【動画】

2020/12/9 23:04

広島市内の感染状況などを説明し、市民に感染防止の協力を呼び掛ける松井市長

 広島市内で新型コロナウイルスの感染確認が急増しているのを受け、松井一実市長は9日、緊急の記者会見を開き、「危機意識を共有してほしい」と感染拡大防止策への協力を市民に求めた。会食などの際、飛沫(ひまつ)が届かない間隔を取るなどの「密接」を避ける行動を呼び掛けている。

 松井市長は現在の感染状況について、これまでに比べて「ずぬけている」と強調。広島市と広島県の対策だけでは事態は収まらないとの見方を示し、医療体制の逼迫(ひっぱく)が進むことに危機感を表した。

 市民には、密接の状況となる「マスクを外し」「飛沫の届く間隔で」「一定時間以上の会話」を避けてほしい具体例に挙げ、「会食をやめてほしいということではない。密接の抑制をいろんな場面で徹底してほしい」と訴えた。(水川恭輔) 

【グラフ】広島県の市町別感染確認者数

【関連記事】
呉市で新たに1人感染 9日の新型コロナ

広島県内で52人感染、1人死亡 8日の新型コロナ

広島県内、7日は42人感染 新型コロナ 広島市では事業所クラスター

広島県内、最多の60人感染 1人死亡、6日の新型コロナ 広島市の3カ所でクラスター


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧