トピックス

鶏13万6952羽殺処分終える 三原の鳥インフルで広島県

2020/12/10 12:19

 三原市内の養鶏場で発生した高病原性鳥インフルエンザで、広島県は発生元など市内の養鶏場2カ所の鶏を対象に進めていた殺処分を9日午後11時に終えた。発生元の養鶏場で8万4667羽、同じ法人が経営する市内の別の養鶏場で5万2285羽で、合計は13万6952羽に上った。

 発生が確認された7日から県、陸上自衛隊第13旅団(広島県海田町)、中国四国農政局の計880人が24時間態勢で作業していた。引き続き、餌やふんなど汚染物の処理を進める。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧