コラム・連載・特集

河井夫妻にまたボーナス309万円ずつ 逮捕以降2人に3700万円

2020/12/10 12:31
河井克行被告(左)と河井案里被告

河井克行被告(左)と河井案里被告

 昨年7月の参院選広島選挙区の大規模買収事件を巡り、公選法違反罪で公判中の元法相の河井克行被告(広島3区)と妻の案里被告(参院広島)に10日、期末手当(ボーナス)309万5895円がそれぞれに支給された。前回の期末手当が6月30日に支払われて以降、2人は国会に出席していない。

 10日は毎月の歳費支給日で、河井夫妻にはそれぞれ103万5200円も支払われた。これとは別に月額100万円の文書通信交通滞在費も支給されている。

 河井夫妻は通常国会閉会翌日の6月18日に逮捕され、東京・小菅の東京拘置所に勾留された。案里被告は10月27日に保釈されたが、先の臨時国会は参院本会議を全て欠席した。夫妻が逮捕以降に受け取った歳費、期末手当、文書通信交通滞在費の合計額は各1849万6805円。2人で計3699万3610円に上る。(河野揚)

【関連記事】

「私なら辞職」非難の矛先がブーメランに

克行被告の10万円でパチンコ 受領の元市議「ラッキーと思った」

克行被告が非難「なんで検察官を向くんだ」 案里被告秘書の証言中

案里被告の失職濃厚に 秘書の上告棄却、連座訴訟へ

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

河井夫妻買収事件公判の最新記事
一覧