• トップ >
  • >
  • 病院のマンパワー危機 広島県内、病床使用率6割超

トピックス

病院のマンパワー危機 広島県内、病床使用率6割超

2020/12/10 23:16

新型コロナウイルスの重症患者の治療に当たる広島大病院の医療スタッフ(広島大病院提供)

 広島県内で新型コロナウイルス感染症の入院患者を受け入れる病院が、マンパワー不足に陥りつつある。県内の入院患者数(9日時点)は187人で、感染者向けの病院の病床使用率は6割を超えた。医療現場の焦燥感は高まり、感染の広がりをもっと深刻に受け止めてほしいと求める声が強まっている。
(ここまで 138文字/記事全文 1298文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事