トピックス

岡山の養鶏場で鳥インフル 今季9県目、64万羽処分

2020/12/11 7:22

岡山県庁

 岡山県は11日、同県美作市の養鶏場の鶏からH5型の鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。高病原性の疑いがある。県は自衛隊に災害派遣を要請し、飼育されている採卵用鶏約64万羽の殺処分を始めた。

 今季の養鶏場での発生は香川、福岡、兵庫、宮崎、奈良、広島、和歌山、大分に続き9県目で、岡山の養鶏場では2015年1月以来。

 岡山県によると、10日に養鶏場から通報を受け、簡易検査で陽性が判明。11日に遺伝子検査で確定した。殺処分完了には11日程度かかる見通し。

 県は周囲3キロ内を卵や鶏などの持ち出しや持ち込みを禁じる移動制限区域、10キロ内を搬出制限区域に設定した。これらの区域では計8カ所の養鶏場で約96万羽が飼育されている。

【関連記事】

鶏13万6952羽殺処分終える 三原の鳥インフルで広島県

和歌山、大分でも鳥インフル検出 養鶏場での発生、計8県に

広島県、鳥インフル封じ込めへ全力 中国4県、聞き取り進める

広島・三原の養鶏場で鳥インフル 13万4千羽殺処分、今季6県目

広島県三原市で鳥インフルエンザ 県内初、2カ所で計13万4千羽を殺処分に【動画】


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧