地域ニュース

【週末リポート 中井幹夫】オオサンショウウオ保護施設解体へ 貴重な生息地、研究拠点を

2020/12/11 20:44
本年度中に取り壊されるオオサンショウウオの保護施設(岩国市錦町広瀬)

本年度中に取り壊されるオオサンショウウオの保護施設(岩国市錦町広瀬)

 国の特別天然記念物オオサンショウウオを保護する岩国市錦町広瀬の県施設が本年度内に取り壊される。本州最西端の生息地である錦川上流宇佐川で県の砂防ダム周辺のしゅんせつ工事が終わるため、避難させた全個体を「故郷」に戻すからだ。だが痩せ細ったりけがをしたりする個体が年に10匹程度は見つかっており、代替の施設は要る。生態の研究を続け、一般見学もできる拠点が求められる。
(ここまで 181文字/記事全文 1375文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 宇佐川に放流されたオオサンショウウオ(11月27日)
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧