地域ニュース

<メモ 虚偽記載>

2020/12/12 3:48

<虚偽記載> 政治資金規正法25条は、政治団体の会計責任者に対し、都道府県選管や総務省に提出する政治資金収支報告書への虚偽の記入を禁じている。違反した場合は、5年以下の禁錮または100万円以下の罰金が科せられ、公民権も停止する。2005年には、故藤田雄山前広島県知事の後援会の事務局長が政治資金パーティーで8600万円を集めながら県選管には収入を5千万円と報告したなどとして同法違反罪(虚偽記載)で起訴され、06年に禁錮1年6月、執行猶予3年の有罪判決が確定した。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧