地域ニュース

【バレーボール】JT広島4強 全日本選手権、堺を下す

2020/12/12 15:22
【堺―JT広島】第2セット、スパイクを決めるエドガー(左)

【堺―JT広島】第2セット、スパイクを決めるエドガー(左)

 バレーボールの全日本選手権第2日は12日、東京・調布市武蔵野の森総合スポーツプラザで準々決勝があり、男子で2連覇を狙うJT広島は堺をフルセットで下し、4強入りした。

 JT広島は第1セットを25―23で先取したものの、第2、第3セットをいずれも22―25で落とした。第4セット、エドガーのスパイクなどで流れをつかむと25―23で奪取。最終セットは序盤からリードを奪い、15―9で振り切った。

 13日の準決勝でジェイテクトと対戦する。

 山本主将は「苦しい展開だったけど、勝利できたのは自分たちが成長した証し」と次戦を見つめた。

【関連記事】

JT広島8強 全日本バレー開幕

JT広島、全日本バレー連覇に照準

【JTサンダーズ広島】

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

地域スポーツの最新記事
一覧