地域ニュース

喫煙ボックスは当面利用禁止 コロナで東広島市

2020/12/13 21:00
利用を当面禁止とした東広島市役所の喫煙ボックス(奥)

利用を当面禁止とした東広島市役所の喫煙ボックス(奥)

 東広島市は、新型コロナウイルスが市内で拡大していることを受け、市役所本庁舎にある個室タイプの喫煙ボックスを当面の間、利用禁止にした。期間中、庁舎は全面禁煙となる。

 喫煙ボックスは本館東側の屋外にあり、幅1・7メートル、奥行き3・6メートル、高さ2・7メートル。煙を排出する換気設備がある。新型コロナの影響で市は4月にいったん閉鎖し、6月中旬に利用を再開していた。

 6人までの入室制限を設けていたが、市管財課は「マスクを外し、密になる可能性がある。再び閉じるべきだと判断した」としている。 

【関連記事】

酒の提供時間の短縮、広島市中心部で要請へ

「GoToイート」食事券の販売停止 広島県

広島城など休館、落胆の声も コロナ集中対策、繁華街にはにぎわい

ゲーム・おもちゃ商戦活況 巣ごもり需要+人気機種に新型

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧