トピックス

尾道市・三原市・神石高原町、1月の成人式延期 新型コロナ

2020/12/14 21:12

三原市役所

 新型コロナウイルスの流行を受け、尾道、三原両市は14日、いずれも1月10日に予定していた成人式を延期すると発表した。広島県神石高原町も1月2日の式を延期する。尾道と神石高原は、8月のお盆時期にスライドする。三原市は日程を今後調整する。

 尾道市は1263人が対象で、8月15日に延期する。平谷祐宏市長は「苦渋の決断。8月に開けるよう感染拡大防止に努めたい」と話した。式で「二十歳の誓い」を述べる予定だった消防士村上正博さん(20)=同市栗原町=は「中止でなく延期でよかった。新型コロナの感染が拡大したらもっと悲しいのでやむを得ない」と話した。

 三原市は840人が対象。新成人の意向や会場の空き状況を踏まえて日程を再設定する。市新成人のつどい実行委員会副委員長の比治山大2年石川幸生さん(20)=同市糸崎=は「準備期間が長くなったと捉え、記憶に残る式になるよう工夫したい」と前を向いた。

 対象が84人の神石高原町は今夏の予定を1月2日に延期していたが、8月のお盆期間に再延期した。

 福山、府中市も延期や中止を検討している。世羅町は15日に会議を開き、延期も視野に対応を協議する。(森田晃司、政綱宜規) 


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧