トピックス

鳥取県、独自の観光促進事業を強化 GoToの一時停止を受け

2020/12/15 19:18

対策本部会議で県民による県内観光を促進する方針を表明する平井知事

 政府が年末年始に観光支援事業「Go To トラベル」を全国で一時停止することを受け、鳥取県は15日、県民の県内宿泊・観光施設の利用料金を割り引く独自事業「We Love(ウィーラブ)鳥取キャンペーン」を強化する方針を決めた。県外客のキャンセルが出始めている地元の宿泊・観光業界を支える。

 同事業は7日〜来年1月11日、宿泊料金の20%、観光施設の利用料金の50%を補助する内容。繁忙期のため12月29日〜1月3日の宿泊は対象外としていたが、キャンセルが増えれば対象に加える考え。併用できる「Go To」の35%引きがなくなることを受け、宿泊料金の割引率の拡大も検討する。

 15日の県新型コロナウイルス感染症対策本部会議で平井伸治知事は「県内では感染が広がっておらず、観光促進は可能。失われる観光需要を地元の協力で補いたい」と方針を説明した。(小畑浩) 


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧