地域ニュース

幕末の福山藩主、阿部正弘が使用 印章3点を発見

2020/12/16 8:00
見つかった阿部正弘の印章。左から「福山侍従」「居安思危」「阿部朝臣正弘」

見つかった阿部正弘の印章。左から「福山侍従」「居安思危」「阿部朝臣正弘」

 幕末の福山藩主で、幕府の老中首座を務めた阿部正弘(1819〜57年)が用いていた印章3点が見つかったと、福山市の市民団体「福山郷土の偉人研究会」が15日発表した。神奈川県鎌倉市の個人が所有している。正弘が使った印章が確認されたのは初めて。
(ここまで 120文字/記事全文 635文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 「居安思危」の印影
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧