地域ニュース

石見銀山で新たな遺構、19日に見学会 作業場や製錬炉

2020/12/17 10:00
大谷地区で確認された銀の生産施設の遺構

大谷地区で確認された銀の生産施設の遺構

 大田市教委が本年度から発掘調査を始めた石見銀山遺跡(同市大森町)の大谷地区で、18世紀に利用された鉱石の粉砕などの作業場や製錬炉の遺構が見つかった。市教委は「未解明だった江戸時代中期の銀の生産過程や技術を把握する手掛かりになる」としている。19日に現地見学会を開く。
(ここまで 134文字/記事全文 423文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧