• トップ >
  • >
  • 宮島訪問税、小学生も課税対象 修学旅行生は除外、廿日市市が骨子

トピックス

宮島訪問税、小学生も課税対象 修学旅行生は除外、廿日市市が骨子

2020/12/17 23:16

 廿日市市は17日、世界遺産の島・宮島への観光客たちを対象に導入を予定する「宮島訪問税」の条例骨子と導入コストの概要を初めて公表した。1人100円を徴収する方針を維持する一方、新たに小学生を課税対象に加えることにした。非課税の島民や通勤通学者にはQRコード付きのカードを交付する。市は2月に開会する市議会定例会への条例案提案を目指す。

 この日、市議会全員協議会で示した。名称は「市宮島訪問税条例」。従来の方針通り、1人100円をフェリー乗船時に払ってもらう形とする。税を活用した事業について市議会のチェックを受けるため、当初予定していた「法定外目的税」ではなく「普通税」とする。税の狙いや使途を明確にするため、条例に「宮島への観光客の来訪によって発生または増幅する行政需要に対応するため」などと趣旨規定を盛り込む。

 ▽島民にはQRコードつきカード
(ここまで 371文字/記事全文 837文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事