トピックス

島根県雲南市長を釈放 病気治療優先

2020/12/18 7:31

原仁史容疑者

 出雲市内の病院で看護師を暴行し、けがを負わせた傷害の疑いで逮捕された雲南市長の原仁史容疑者(65)について出雲署は17日、釈放した。病気の治療を優先させる必要があり、証拠隠滅や逃亡の恐れがないと判断したため。

 同署によると、出雲市内の病院に入院したという。同署は、原容疑者の回復を待って任意で捜査を進め、書類送検する方針。

 原容疑者は16日午前6時50分ごろ、入院していた病院の廊下で、看護師女性につかみかかるなどの暴行をし、首や耳にけがをさせた傷害の疑いで、16日夜に同署に逮捕されていた。

【関連記事】

市長が傷害容疑で逮捕の島根県雲南市 副市長が謝罪【動画】

島根県雲南市長を逮捕 入院中に看護師への傷害疑い 出雲署


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧