地域ニュース

企業の採用意欲、低下

2020/12/18 10:41

 「売り手市場」と言われた新卒の就活に逆風が吹いている。広島労働局の調査によると、広島県内で来春卒業する大学生の内定率(10月末時点)は65.8%にとどまり、前年同期から6.0ポイント減った。減少幅はリーマン・ショックの影響を受けた2009年、平成不況の真っただ中の1999年に次ぐ大きさだった。

 観光や宿泊など、コロナ禍の打撃が特に大きい業種で求人が減っている。企業の採用意欲も低下し、ひろぎん経済研究所(広島市中区)が県内企業を対象に行った調査では「来春の新卒採用を減らす」と答えたのは29.7%、「採用しない」も13.2%に上った。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧