• トップ >
  • トピックス >
  • 広島県、4市4町の14人感染発表 18日の新型コロナ 東広島の施設クラスターで新たに1人判明

トピックス

広島県、4市4町の14人感染発表 18日の新型コロナ 東広島の施設クラスターで新たに1人判明

2020/12/18 19:59

広島県庁

 広島県は18日、4市4町の計14人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。東広島市では同市の高齢者施設のクラスター(感染者集団)で、80代の利用者1人の感染が新たに判明した。

 県健康対策課によると、感染者の症状別では無症状が9人、軽症が5人。

 東広島市の80代はPCR検査で1度、陰性だったが、14日に熱を発症。2度目の検査で感染が分かった。施設の感染者は計6人となった。

 府中町の3人は40代、50代、70代。40代と50代の2人は広島市民病院(中区)の職員で、市が17日に公表している。

 廿日市市は3人。30代1人は感染者と接触、40代1人は感染者と濃厚接触していた。残る1人は40代。

 府中市は2人。50代の1人は15日に発症する数日前に大阪府との行き来があった。もう1人は60代で、感染者と濃厚接触していた。

 坂町の2人は20代と60代。熊野町の40代1人は感染者と接触があった。尾道市の1人は30代。海田町の1人は30代で感染者の濃厚接触者という。

 また14人のうち1人は、県警が17日に福山市の東部運転免許センターの業務委託先の職員として感染を発表している。 

【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況

【関連記事】

広島県内84人感染 広島市59人、福山市9人など 新型コロナ18日

広島市の感染10万人当たり38・93人、全国で最多

広島県内の感染者累計2000人超え、新型コロナ 17日は最多の138人確認、死者13人に

コロナ拡大「大規模災害に匹敵」 広島県・市医師会、医療の窮状訴え


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧