地域ニュース

コロナ拡大「大規模災害に匹敵」 広島県・市医師会、医療の窮状訴え

2020/12/18 19:59
広島市民たちに外出の自粛を呼び掛ける佐々木会長(左)と松村会長(撮影・高橋洋史)

広島市民たちに外出の自粛を呼び掛ける佐々木会長(左)と松村会長(撮影・高橋洋史)

 新型コロナウイルスの感染者の急増を受け、広島県医師会と広島市医師会は18日、中区の県庁での会見で医療現場の窮状を訴えた。まん延防止のため、特に感染が広がる広島市の市民たちに「不要不急の外出を控えて」と呼び掛けた。

 市医師会の佐々木博会長は、広島市の状況について「大規模災害に匹敵する緊急事態。病院が次々に診療を縮小し、手術を中止せざるを得ない状況にあり、医療は崩壊し始めている」と説明。「春に緊急事態宣言が出された時より厳しい行動制限が必要」と求めた。

 県医師会の松村誠会長は、県内の感染患者向けの入院ベッドの使用率が6割を超え、療養先が決まらない人が多くいることに触れ「あなたの行動であなたを守ってほしい」と強調。「風邪かなと思ったら、早めにかかりつけ医などに相談してほしい」と早期診断の大切さを訴えた。(衣川圭)

【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況


【広島県内18日の新型コロナ関連記事】

広島市の接待伴う飲食店でクラスター 店名を公表

広島県、4市4町の14人感染発表 東広島の施設クラスターで新たに1人判明

福山市で9人感染

呉市で2人感染

廿日市市職員が感染 市民との濃厚接触なし

広島市南区の市立中の生徒感染


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧