地域ニュース

志賀直哉旧居、宙に浮く活用 「暗夜行路」構想の地、尾道観光協が顕彰を模索

2020/12/19 21:24
旧居の状態を確認しながら活用策を話す、手前左から山口さん、加藤理事、樋本事務局長

旧居の状態を確認しながら活用策を話す、手前左から山口さん、加藤理事、樋本事務局長

 志賀直哉(1883〜1971年)が「暗夜行路」の構想を練った、尾道市東土堂町の旧居の活用が宙に浮いている。市が尾道観光協会から借りて文化施設として運営していたが、来場者減で3月に閉館。来年に没後50年が控える中、アクセスの悪さや運営に必要な人員の不足のため、所有する同協会は施設を閉鎖したまま将来像を打ち出せずにいる。

 大正初期の1912〜13年に過ごした木造平屋の長屋。同協会が今月上旬、現状確認を兼ねて清掃した。奥の6畳と3畳の和室や縁側、床を拭き清めた。樋本健二事務局長は「床下などは別に調べる必要があるが、外見上は問題ない」とほっとした様子だった。

 旧居は同協会が79年に取得し、市が86年から建物を借りて文化施設としていた。しかし千光寺山の中腹にある旧居は主要観光ルートから外れ来場者数は近年低迷。修繕コストもかさむため、市は閉館を決めた。

 ▽市は市有化に難色…
(ここまで 387文字/記事全文 1023文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧