地域ニュース

幻想的、青く輝く放物線 岩国・吉香公園噴水、夜景遺産など選定記念で

2020/12/19 21:24
青い光に照らされた噴水の前で写真を撮影する親子

青い光に照らされた噴水の前で写真を撮影する親子

 岩国市は錦帯橋のそばにある吉香公園で噴水のライトアップを始めた。本年度、周辺の夜景と月の風景が一般社団法人夜景観光コンベンション・ビューローの「日本夜景遺産」と「日本百名月」に選ばれたのを記念して初めて企画。新型コロナウイルス対策に奮闘する医療従事者への感謝を示すブルーライトで照らしている。30日まで。

 日没後にライトが点灯されると、高さ10メートル以上に噴き上がった複数の水の放物線が青い光に浮かび上がった。家族連れや写真愛好家が訪れ、カメラに収めて楽しんでいた。

 点灯は午後5時半から7時半まで。錦帯橋周辺の観光ガイドをしている岩国市川西の波羅一彦さん(74)は「夜の観光の新しい魅力ができた。頑張って観光客を案内したい」と幻想的な雰囲気を楽しんでいた。(永山啓一) 

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧