地域ニュース

【バスケットボール】ドラフラ9連敗 リード守れず最下位転落

2020/12/19 22:54
【SR渋谷―広島】第3クオーター、相手にシュートを打たれる広島の古野(30)=撮影・浜岡学

【SR渋谷―広島】第3クオーター、相手にシュートを打たれる広島の古野(30)=撮影・浜岡学

 ▽Bリーグ1部(青山学院記念館、874人)

SR渋谷 99 23―22 78 広島
14勝8敗   19―23 4勝18敗
       30―13     
       27―20     

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)は19日、東京・青山学院記念館などで10試合があった。西地区の広島は東地区のSR渋谷に78―99で敗れた。9連敗で4勝18敗となり、西地区最下位に転落した。

 <写真集>ドラフラ、ミス連発し渋谷に逆転負け


 広島は1点リードを許して迎えた第2クオーター、ケネディやトレイラーが得点を重ね、45―42と逆転。だが後半に入り、SR渋谷の厳しいディフェンスに苦しんだ。第3クオーター、58―72とひっくり返されると、エチェニケが抑えられたのも響き、そのまま押し切られた。

 島根は琉球に67―92で敗れ、8勝14敗となった。

 ディフェンス力の差を見せつけられた。前半を3点リードで折り返した広島は、終わって見れば21点差の大敗。堀田監督は「攻撃が相手のプレッシャーに負けてしまう場面が多く、リズムがどんどん悪くなってしまった」と肩を落とした。

 第3クオーターが全てだった。出だしから古野が厳しいマークに遭い「一気に勝敗を分けるような入りをしてしまった」。代わりにケネディやトレイラーがボールを運ぼうとするところを狙われ、逆襲を浴びた。開始から8連続失点を喫し、ひっくり返された。

 連敗は9へと伸び、最下位に転落。堀田監督は「下を向かず、しっかり上を向いていきたい」と声を絞りだし、チームを鼓舞した。(中橋一誠)

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

地域スポーツの最新記事
一覧