トピックス

広島・世羅、5年ぶり2度目の優勝 全国高校駅伝女子

2020/12/20 12:12

女子で優勝のゴールテープを切る世羅のムッソーニ(撮影・山崎亮)

 全国高校駅伝は20日、京都市のたけびしスタジアム京都発着のコースで開催された。女子(5区間21・0975キロ)は世羅(広島)が1時間7分13秒で5年ぶり2度目の優勝を飾った。

 世羅は1区4位スタート。8位でたすきを受けた最終5区のムッソーニが優勝候補の神村学園(鹿児島)や仙台育英(宮城)など7チームを抜いてトップに立ち、後続を引き離した。中川久枝監督は「テレシア(ムッソーニ)にたすきが渡った時点でいけると思った。全幅の信頼を置いていた。5人がみんなよく走ってくれた」と振り返った。

 興譲館(岡山)が10位、西京(山口)が15位、平田(島根)が25位、鳥取城北が42位だった。

 <写真集>広島・世羅、5年ぶり男女同時V 全国高校駅伝


【特集】全国高校駅伝・世羅ヒストリー 出場大会の全記録

【関連記事】

【速報】広島・世羅が男子も優勝 5年ぶり男女同時V 全国高校駅伝

世羅「史上最速」チームの挑戦 出場50回目、記録更新V狙う 全国高校駅伝男子

青学大監督・原氏も主将として活躍【世羅ヒストリー】

64年ぶり連覇 「神の領域」を更新【世羅ヒストリー】


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧