地域ニュース

平田男女、懸命の走り 全国高校駅伝

2020/12/20 22:59
男子でゴール前の直線で競り合う平田のアンカー直良=左(撮影・山崎亮)

男子でゴール前の直線で競り合う平田のアンカー直良=左(撮影・山崎亮)

 20日に京都市であった全国高校駅伝で、初めて都大路への男女同時出場を果たした島根県代表の平田は、懸命の走りを見せた。10年連続12度目の出場の女子は粘りの走り。1時間11分57秒で25位と昨年の40位を大きく上回った。初出場の男子は2時間11分32秒で43位。序盤から下位でレースが進む展開ながら、ブレーキなしで乗り切った。貴重な経験を糧に、そろって来年の成績アップを目指す。
(ここまで 189文字/記事全文 706文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 女子で25位でゴールする平田の松原(撮影・山崎亮)
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧