• トップ >
  • トピックス >
  • 広島県、5市3町の13人感染発表 21日の新型コロナ 東広島市4人など、府中町の1人は報告漏れ

トピックス

広島県、5市3町の13人感染発表 21日の新型コロナ 東広島市4人など、府中町の1人は報告漏れ

2020/12/21 20:46

広島県庁

 広島県は21日、5市3町の計13人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。うち府中町の30代1人は16日の判明分で、県内部の報告漏れにより発表されていなかった。

 【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況

 県健康対策課によると、感染者の症状別では無症状が7人、軽症が6人。

 府中町の30代1人は感染が分かり、20日に療養用のホテルへ入っていたが、聞き取りをした県西部保健所広島支所から同課への報告が漏れていた。同町のもう1人の60代は、感染者の濃厚接触者。

 東広島市は4人。70代は感染者との接触や近畿地方との行き来があった。別の70代は感染者の濃厚接触者。60代は感染者2人と接触がある。90代は感染者と接触があった。

 府中市は10歳未満と30代の計2人で、いずれも感染者と濃厚接触していた。尾道市の30代1人、三次市の20代1人、庄原市の40代1人はいずれも感染者と接触がある。海田町は50代1人、坂町は60代1人だった。 

【関連記事】

広島県内、21日は78人感染 新型コロナ、診察滞る状況続く

広島県6市1町で93人感染、2人死亡 20日新型コロナ

コロナで入院待ち、自宅療養の男性死亡 基礎疾患も 広島市

入院待ち中死亡「画像診断なぜしない」 親族、診察の検証訴え


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧