地域ニュース

豊平の昔話で手作り紙芝居 北広島町のグループ発案、地域ぐるみで完成

2020/12/21 21:22
紙芝居を手に話す垰本すみれさん(手前左端)や靖子さん(同左から2人目)、胡さん(同右端)たち

紙芝居を手に話す垰本すみれさん(手前左端)や靖子さん(同左から2人目)、胡さん(同右端)たち

 広島県北広島町吉木地区の住民グループ吉木祭り実行委員会が、同町豊平地域の昔話を題材にした紙芝居を作った。江戸時代に広島城方面と結んだ実在の峠道を舞台にしたストーリー。グループの協力呼び掛けに応じた地域住民たちがシナリオや絵の制作に参加し、朗読の練習も重ねた。祭りや敬老会などの行事での上演を考えている。
(ここまで 152文字/記事全文 680文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 完成した紙芝居「四辻きつね」
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧