地域ニュース

【詳報・克行被告第22回公判】沖宗正明広島市議証言<5>祝いの意味と二つの意味があると思っていました

2020/12/22 1:28

弁護人 検察の取り調べについて確認する。昨年4月14日、30万円受け取ったことについて、証人は言っていないのではないか。

証人 私は細かく覚えていませんが、最初に話したのは、十数年前の10万円の話はしたと思います。

弁護人 回数について聞く。実際は2回受け取っていたが、取り調べの当初は話したのか。

証人 いえ、相当後になって話しました。

弁護人 調書はいつからか。

証人 1回目は3月27日でした。

弁護人 検察から任意開示を受けた供述調書は昨年3月27日付。昨年の5月か6月に20万円から30万円入りの封筒を受け取ったとある。間違いないか。

証人 そう言ったと思います。

弁護人 昨年4月14日の30万円の話は出てきていない。記憶になかったのか。それとも記憶にあったが検察官に話さなかったのか。

証人 非常に記憶があいまいだったと思います。
(ここまで 363文字/記事全文 2399文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧