トピックス

岩国・錦帯橋の袖柱に落書き 数字や横線、住民発見

2020/12/22 9:30

落書きが見つかった錦帯橋の袖柱(岩国市提供)

 岩国市の国名勝・錦帯橋で21日、橋の一部に落書きが見つかった。市から通報を受けた岩国署が、文化財保護法違反容疑で捜査している。

 市錦帯橋課によると、錦川左岸の岩国地区側の料金所そばにあるヒノキ製の袖柱(そでばしら)=縦横21センチ、高さ127センチ=に、幅20センチ、長さ30センチにわたり、こすったように数字や横線が残っていた。住民が午前11時半ごろに見つけ、料金所の業務をしている会社を通じて午後1時40分ごろ市に連絡が入った。

 市錦帯橋課の善村雄二課長は「市民の誇りである錦帯橋に損傷を与える許しがたい行為。絶対にやめてほしい」と話している。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧