地域ニュース

東側社殿の屋根改修進む 厳島神社、檜皮ふき替え

2020/12/22 21:19
厳島神社の社殿東側で進む屋根の改修工事(撮影・田中慎二)

厳島神社の社殿東側で進む屋根の改修工事(撮影・田中慎二)

 世界遺産の厳島神社(廿日市市宮島町)は、東側の社殿の一部の屋根の改修を進めている。老朽化した部位を補修した上で、檜皮(ひわだ)をふき替える。参拝客に配慮しながら2022年12月までに終える予定だ。
(ここまで 99文字/記事全文 297文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧