• トップ >
  • トピックス >
  • JR西、山陽線の宮島号運転取りやめ 1月1日未明、コロナ禍で

トピックス

JR西、山陽線の宮島号運転取りやめ 1月1日未明、コロナ禍で

2020/12/22 21:47

JR西日本広島支社

 JR西日本広島支社は、毎年1月1日未明に広島―岩国間を走る山陽線の臨時列車「宮島号」の運転を2021年は全て取りやめる。初詣や初日の出のために世界遺産の島・宮島(廿日市市)を訪れる人向けの運行だが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中止を決めた。

 支社によると、臨時列車は1987年に民営化する前から運行している。21年は広島駅を午前1〜3時台に出発する下り3本、岩国駅を午前0〜2時台に出発する上り3本を走らせる計画だった。

 ただ今月に入って広島県が、1月3日までを新型コロナの感染拡大を防ぐ集中対策期間として、広島市民に外出を減らすよう要請。多くの人が参拝する宮島の厳島神社も元日未明の入場制限を決めた。JR西は、臨時列車の乗客が見込めないとみて、中止を判断した。(新本恭子) 


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧