トピックス

広島県、婚活事業を民間移管へ 監査で有効性疑問視

2020/12/23 10:10

広島県庁

 広島県は2021年度、結婚を希望する男女を支援する事業「出会い・結婚支援こいのわ施策」の在り方を抜本的に見直す。婚活支援を担ってきた「ひろしま出会いサポートセンター」の運営を21年4月に民間へ移すのが柱となる。

 センターの民間移管では相手先の公募手続きを進めており、今月中に決める。3年間は補助金を出し、その後は自立して運営してもらうのを条件とする。

 県は14年8月にセンターを設置。15年度から婚活支援を本格的に進めている。会員の結婚は19年度までの累計で709組に達したという。

 これに対して県包括外部監査人の奥野修士弁護士は今年3月の少子化対策事業の監査報告書で、婚活支援事業について「事業成果を婚姻組数という観点から見た場合、経済性、有効性の観点から疑問がある」などと指摘。事業の規模や内容について、再検討する必要性を投げ掛けていた。

 県子供未来応援課は「婚活支援は5年が経過し、出会いの場づくりは民間や市町主体で進んできた。今後は不妊治療の後押しや広島版ネウボラの構築などで、子どもを望む人が安心して産み育てる環境を整えたい」と説明した。

 婚活支援事業の見直しではほかに、男女が出会う交流イベントを県が主催するのをやめる。県出身のタレントや歌手を起用するなどしてきた啓発宣伝も、県として取り組まない。婚活支援ボランティアの研修やイベントへの派遣は続けるとしている。(赤江裕紀)

【関連記事】

男性の婚活「年収300万円の壁」

「普通」の男性、今は「希少物件」

理想の妻、かわいさより「稼ぐ力」

共働きでカツカツ 子ども無理


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧

  • 【速報】安芸高田市公募の副市長、一般社団法人の女性職員に内定 4115人が応募 (3/1)

     安芸高田市は1日、全国から公募した2人目の副市長の内定者を、一般社団法人RCF(東京都)職員の四登(しのぼり)夏希氏(34)に決めたと発表した。開会中の市議会定例会に選任同意案を追加提案する方針で、...

  • 【速報】広島市で2人感染 1日の新型コロナ (3/1)

     広島市は1日、新たに新型コロナウイルスに60代と80代各1人の計2人が感染したと発表した。無症状と中等症という。 【関連記事】医療従事者の優先接種、広島県11万2000人 コロナワクチン、31施設名...

  • 【速報】柳井市長に井原氏4選 下村氏及ばず (2/28)

     柳井市長選は28日投開票され、無所属現職の井原健太郎氏(46)が、無所属新人の下村太郎氏(38)を破り、4選を果たした。 井原氏は、長年の懸案だった市中心部の遊休地への相次ぐ企業誘致など実績を強調。...

  • 柳井市長選、実績訴え井原さん 「企業誘致 成果を波及」 (2/28)

     28日投開票された柳井市長選は無所属現職の井原健太郎さん(46)が、無所属新人の下村太郎さん(38)を退け、4選を決めた。新人が変革を訴える中、企業誘致などの成果をまちづくりに生かす「市政継続」を訴...

  • 批判の声にどう向き合う【柳井市長選解説】 (2/28)

     柳井市長選で市民は、企業誘致など現職井原健太郎氏の3期12年の実績を評価し、継続を望んだ。ただ、市民の賛否が割れる旧柳井商高跡地への複合図書館建設にはほぼ触れず、議論が深まったとはいえない。投票結果...