地域ニュース

白木中生徒が桜植樹20年 神ノ倉山、住民とともに計100本

2020/12/23 13:58
加藤会長(右端)の手ほどきで、ヤエザクラを植える白木中生徒

加藤会長(右端)の手ほどきで、ヤエザクラを植える白木中生徒

 広島市安佐北区白木町の白木中生徒が地元の神ノ倉山(かんのくらやま)=561メートル=に桜を植樹する活動が、ことしで20年目を迎えた。歴代の生徒が植えてきた桜は計約100本。山を管理する地元住民と連携して取り組み、地域の自然への関心を高める機会にもなっている。
(ここまで 130文字/記事全文 535文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧