地域ニュース

【女子サッカー】「女子は未知の世界」「可能性感じた」 中村監督一問一答

2020/12/23 17:56
会見を終え、笑顔を見せるサンフレ女子の中村監督

会見を終え、笑顔を見せるサンフレ女子の中村監督

 女子チームの初代監督に就任する中村伸氏の主な一問一答は次の通り。

 ―今の気持ちは。

 緊張しています。女子は未知の世界。まじか、そうきたか、というのが最初の心境だった。

 ―就任の決め手は。

 サンフレッチェ広島というクラブがここまで築いてきたものを、女子の世界でつくってくれないかという話をされた。共感できる部分があったし、返事をするまでの間に、いろんなシミュレーションをしている自分がいることに気付いて、胸が熱くなった。こういう選手がここにいたら面白いとか。やるべきことなのかなと強く感じた。

 ―女子の指導は初めてとなりますが、印象は。

 数多くの映像を見て、現場にも何試合か足を運んだ。想像以上に女子選手の能力や可能性を感じた。フィジカル的なところは(男子と)かなり違うけど、能力の高い選手、伸びしろのある選手はいた。指導をそこまで受けていない選手も。男子の世界での指導経験を生かせば、成長してくれるんじゃないかと感じた部分もあった。年齢に関係なくうまくなりたい、いろいろと教えてもらいたいという選手も多い印象。エネルギッシュな部分や向上心の強さを感じた。

 ―信念や理念は。
(ここまで 487文字/記事全文 1072文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

地域スポーツの最新記事
一覧