トピックス

広島市、休業飲食店に応援金15万円 新型コロナ感染拡大で

2020/12/23 21:57

広島市役所

 広島市は23日、新型コロナウイルス感染拡大で休業を余儀なくされた市内の飲食店に対し、1店舗につき15万円の応援金を独自に支給すると発表した。約6500店の申請を想定。国の臨時交付金を活用し、総額約10億円の支援を見込む。

 対象は、今月29日〜来年1月3日の間に3日以上、4〜11日の間に2日以上の計5日以上休業する店舗。屋内に常設の飲食スペースがある店舗が、デリバリーとテークアウトのみで営業する場合は休業と見なす。また、広島県が時短または休業を要請した酒類を提供する飲食店で、72万円または82万円の協力金を受け取る店舗も対象に含む一方、今月17日以降に開業した店は除く。

 申請は1店舗につき1回で、支給は1月上旬以降となる見込み。市経済企画課の山本洋史課長は「感染拡大防止に寄与する店舗の一助としたい」としている。

 店頭の告知ポスターや張り紙などの写真、ホームページの写しで休業期間を証明する。業界団体でつくる市飲食店応援実行委員会のサイトから申請書類をダウンロードし、同実行委事務局に郵送する。申請は今月25日〜1月31日(当日消印有効)。同事務局Tel082(542)2726(午前10時〜午後5時)=土日祝日、12月29日〜1月3日は除く。(猪股修平) 

【関連記事】

飲食店支える業者に補償なく 酒卸や生花店、影響深刻 広島の時短・休業要請1週間

時短か休業か、対応迫られる酒提供店 広島市中心部で17日から県が制限要請

寒さしみる広島市中心部 県時短・休業要請の週末


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧