地域ニュース

福山市「子ども未来館」検討本格化 コンセプト案チーム発足、提案も募る

2020/12/24 8:20
子ども未来館(仮称)へのアイデアを募る市の特設サイト

子ども未来館(仮称)へのアイデアを募る市の特設サイト

 福山市は23日、科学技術などの知識を身に付け、体験ができる「子ども未来館」(仮称)の本格的な検討に着手した。コンセプト案を練るプロジェクトチーム(PT)を発足させ、市民や企業からアイデアを募るサイトを開設した。ITなどで先端技術を持つ企業の提案も踏まえてコンセプト案を固め、2021年度の基本構想の策定につなげる。

 この日、市役所内でPTの初会合があり、ものづくり企業172社が加盟する県東部機械金属工業協同組合や福山大、市などの代表たち6人が出席。PTのリーダーに就いた市戦略推進マネージャーの寺尾忠久氏(46)は「テクノロジーを活用して新たな社会をつくるのは人。親子に必要とされる教育の実践の場にしたい」とあいさつした。

 意見交換では「福山には多くのものづくり企業があるのに、理系に進む子どもは少ない。現状を変えるきっかけにしたい」「未来館はハコモノのイメージがあるが、ソフト面を充実させ、コストを抑えたい」といった意見が出た。

 PTの運営を委託されたソフトバンク(東京)が他県の類似施設の特徴などを紹介。メンバーからは「県東部で初の施設。他県の施設の良い面を取り込むチャンス」との発言もあった。

 PTは今後、5回の会合を開き、来年3月にコンセプト案をまとめる。次回以降、無料通信アプリLINE(ライン)の運営会社や日本マイクロソフトなどの担当者を招き、未来館に求められる機能や提供できるコンテンツを聞く。

 特設サイトでは、未来館に求める学習や体験の具体的な内容、未来館に提供できる技術などの提案を市民や企業に呼び掛けている。受け付けは来年1月末まで。寄せられた意見はPT内で共有し、コンセプト案づくりに生かす。(門戸隆彦)

【関連記事】

子ども未来館、21年度に基本構想 福山市が方針

「子ども未来館」検討へ 福山市、補正予算案に調査研究費


この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧