地域ニュース

透析患者にも感染者、重症化リスク 広島市内の医療機関が危機感

2020/12/24 21:17

 透析患者が通う広島市の医療機関でも、新型コロナウイルスの感染者が見つかる例が出ている。透析患者は重症化リスクが高いものの、週3回の通院が欠かせず外出を迫られる。透析中は多くの患者と一緒に過ごす。関係者は、感染拡大による透析医療の機能停止に危機感を募らせている。
(ここまで 131文字/記事全文 768文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧