• トップ >
  • 地域ニュース >
  • アーカイブ >
  • 【詳報・克行被告第23回公判】平本英司広島県議証言<3>宮沢先生の事務所から催促の電話があって思い出しました

地域ニュース

【詳報・克行被告第23回公判】平本英司広島県議証言<3>宮沢先生の事務所から催促の電話があって思い出しました

2020/12/24 23:15

【弁護側の反対尋問】

弁護人 確認したい。お金を受け取ったとき、買収のお金とは思わなかったか。

証人 はい、その通りです。

弁護人 数日後に金額を確認して買収と思ったのか。

証人 はい、その通りです。

弁護人 検察の取り調べの時、どんな話をしたのか。

証人 受け取ったときにそういう趣旨だと言ったと思います。

弁護人 検察官に買収のお金と思ったと話している。話が違う。

証人 8月か9月、証言した後に地域の人にペーパーを配ろうと思い、事務員と話したとき、事務員から「平本さんから商品券と言われた」と言われました。私は最初から買収のお金と思っていなかったのだと思い返しました。

弁護人 検察の取り調べを受けたときに、証人は買収と思ったと言っている。勘違いしていたのか。

証人 そのときの記憶で誠実に話しました。

弁護人 受け取ったときに買収と思ったなら、かなり不利益になることだ。なぜそう言ったのか。

証人 「商品券だと思います」と私が言ったことを事務員に言われたことが大きい。最初は、薄くて1万円から2万円でお祝いだと認識していた。

弁護人 封筒を渡されたときに違法だと思ったと言ったというが全然事実と違うではないか。

証人 その時々で誠実にお話ししています。
(ここまで 516文字/記事全文 4334文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧