• トップ >
  • トピックス >
  • 鳥取県西部で1人感染、知事「広島・岡山との往来慎重に」 新型コロナ25日

トピックス

鳥取県西部で1人感染、知事「広島・岡山との往来慎重に」 新型コロナ25日

2020/12/25 16:01

対策本部会議で広島、岡山市を含む感染拡大地域への往来について慎重に検討するよう呼び掛ける平井知事

 鳥取県は25日、県西部在住の50代無職女性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県西部での感染確認は20日ぶり。

 県内での感染確認は計80人となり、うち11、12月の「第3波」が半数強の42人を占める。同日の対策本部会議の後、平井伸治知事は記者団に対し「当初は東京や大阪と関連する感染が多かったが、第3波では山陽地方との関わりが目立つ」と指摘。広島市や岡山市を含む感染拡大地域と鳥取県を行き来する帰省や旅行について、慎重に検討するよう呼び掛けた。

 県によると50代女性は20日に悪寒が出て、翌21日には38・3度の熱が出た。23日に医療機関を受診し、民間検査機関によるPCR検査で陽性となった。15日に島根県、16日に岡山県を自家用車で訪問していた。

【グラフ】鳥取県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況

【関連記事】

鳥取市、23日は5人感染 新型コロナ、児童が2人

鳥取市、さらに1人感染 22日の新型コロナ、県内4人に

鳥取県、22日は3人感染 新型コロナ、21日の判明者と同じ会社


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧