• トップ >
  • トピックス >
  • 広島県で感染最多141人 広島市98人、市商高でクラスター 25日の新型コロナ【動画】

トピックス

広島県で感染最多141人 広島市98人、市商高でクラスター 25日の新型コロナ【動画】

2020/12/25 22:44

広島県庁

 広島県で25日、新たに141人の新型コロナウイルス感染が確認された。1日当たりの感染者数は17日の137人を上回り、過去最多となった。市町別の内訳は、広島市98人、福山市13人、呉市10人など。

 広島市の98人は、10歳未満〜80代。うち70代1人が中等症という。東区の市立広島商業高でクラスター(感染者集団)が発生し、この日発表した7人を含む10代の生徒計9人の感染を確認した。全員が同じクラスという。市内のクラスターは26件目で学校では初めて。市教委は校内で感染が広がった可能性があるとみて「新年からもマスクの着用などの感染防止策を徹底したい」としている。

 このほか、安佐南区役所の50代職員と安佐北区役所の40代職員、南区の市立小の10代の児童の各1人も感染した。

 福山市の13人のうち8人は国立病院機構福山医療センターのクラスター関連で、同じ病棟の入院患者。一連の感染者は計15人となった。残る5人は20〜60代。

 呉市の10人は、昭和中央小の児童1人と30〜80代の9人。この他の感染確認は、廿日市市6人▽東広島市、府中町各5人▽府中市2人▽竹原市、安芸太田町各1人。

 また県はこの日、県内のオフィスビルで新たなクラスターが発生したと認定。ビルには複数の事業所が入り、同日感染を発表した廿日市市の50代1人と竹原市の60代1人が同じ事業所、東広島市の50代2人が別の事業所だった。互いの事業所に行き来があったといい、この4人を含む関連の感染者は計13人に上った。 

【関連記事】

スタンドやバーの廃業届231店、流川・薬研堀地区のある広島中央署管内 11月末、昨年の4.6倍 

広島市商高でクラスター、生徒9人感染

広島県内のオフィスビルでクラスター 13人感染 県が認定、新型コロナ


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧