地域ニュース

【詳報・克行被告第24回公判】三宅正明広島市議証言<2>克行先生が国交省の役人を叱責したと…

2020/12/26 1:52

 【弁護側の反対尋問】

 弁護人 克行被告との付き合いが初めてあったのはいつか。

 証人 おそらく案里さんが県知事選に出た時と思います。

 弁護人 平成28年ごろから頻繁に会うようになっていたというが、平成21年から平成28年の間は。

 証人 ほぼありません。

 弁護人 3人で食事に行くことは。

 証人 ずいぶんと最近の話ですね。

 弁護人 平成23年ごろからそういう付き合いでは。

 証人 私が3期目のころですね。克行先生とお会いすることはほとんどありません。

 弁護人 平成23年ごろから3人で話したり、市議会の情勢を話したりしたことは。

 証人 3人で食事をしたことはあります。1度だけですね。

 弁護人 餅代、氷代は。

 証人 1度あります。

 弁護人 いつか。

 証人 記憶が平成27、28年ごろと思います。

 弁護人 平成26年ごろに氷代は。

 証人 26、27年が記憶にありません。

 弁護人 夏か冬かは。

 証人 夏です。

 弁護人 一回きりか。

 証人 はい。

 弁護人 餅代は。

 証人 もらっていません。

 弁護人 そのとき領収書は。

 証人 やりとりしていないと思います。

 弁護人 なぜか。

 証人 指示されなかったと言った方がよいでしょう。

 弁護人 先生からも言われなかったということか。

 証人 そうですね。

 弁護人 表に出たらまずいと思ったか。

 証人 思いません。

 弁護人 何と思ったのか。

 証人 活動費と思いました。

 弁護人 なぜ克行さんが渡してきたと理解しているか。
(ここまで 605文字/記事全文 6797文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧