地域ニュース

【詳報・克行被告第24回公判】元広島県議証言<2>本人が金を渡すのは政治生命をかけないといけない行為

2020/12/26 2:06

【弁護側の反対尋問】

 弁護人 (19年)6月8日の中国料理店でのことを聞く。会合に克行さんは遅れて参加したとあったが、どれくらい遅れて参加したか。

 証人 10〜15分ぐらいだったと思います。

 弁護人 到着される前から飲み食いしていたのか。

 証人 はい。

 弁護人 克行さんが来るまで、どんな話をしていたか。

 証人 雑談をしていました。

 弁護人 どんな内容か。

 証人 参院選についての雑談です。

 弁護人 目的はなんだと思ったか。

 証人 僕は県知事選など大きな選挙を知っています。

 弁護人 いつごろ応援しようと思ったか。

 証人 応援したいと思ったのは自民党本部が公認した時。応援してあげたいと思いました。

 弁護人 企業300社や工業団地などは回ったのは誰かから頼まれたのか。

 証人 自発的に回りました。

 弁護人 溝手さんを応援する気持ちはなかったのか。

 証人 ありませんでした。

 弁護人 なぜか。

 証人 宏池会とは考え方が違います。広島県の発展につながらないと思っていました。

 弁護人 溝手議員のことは応援しようと思わなかったのか。

 証人 はい。

 弁護人 なぜか。

 証人 あまり好きではなかったからです。

 弁護人 どのような点が好きではなかったのか。
(ここまで 516文字/記事全文 5126文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧