地域ニュース

【Jリーグ】佐藤寿人一問一答詳報<上>広島での初優勝と得点王が一番の喜び

2020/12/26 23:34
引退会見で広島への思いを語る佐藤(ジェフユナイテッド千葉提供)

引退会見で広島への思いを語る佐藤(ジェフユナイテッド千葉提供)

 佐藤の一問一答は次の通り。

 ―引退を決断した理由を教えてください。

 選手としてピッチの上でなかなかチームに貢献できていない。体は痛いところはどこもなくまだサッカーをやろうと思えばやれる状態だが、本当の意味で毎試合毎試合ピッチの上に立って、チームに貢献できているかというとそうではない。いま監督が目指しているサッカーを自分が試合の中でFWとして結果を出せているかというと必ずしもそうではない。来季プレーすることがプロとしてどうなのかなという思いがあった。

 家族はまだ選手としていてほしい思いがあったみたいだが、今年、コロナ禍でリーグが中断している時、自宅近くの公園で高校2年の長男と中学2年の次男と体を動かした。走りのトレーニングを3人でやったが、2人の方が回復力が早くて、父親である自分がセット数を重ねるほど息切れみたいになった。

 その時、冗談で「パパも今年で引退だなあ」と言ったが、体力的な部分も若い頃より落ちていたし、90分間プレーしていないここ数年を思うと、決めなければいけない時期に来ているのかなと感じた。

 けがなく毎日毎日楽しいサッカーをして、週末、リーグ戦に向けて戦えるのがプロとしての一番の醍醐味(だいごみ)。自分の大好きなプロサッカー選手という仕事を本当に離れてしまっていいのかという葛藤もあった。4月、5月にそういうのを感じて、最終的にクラブに伝えたのは11月上旬。ホームで悔しい敗戦をした後、松本戦の2日前にクラブと監督に伝えた。

 ―理想とする引退はありましたか。
(ここまで 639文字/記事全文 2576文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

地域スポーツの最新記事
一覧