地域ニュース

高齢者の免許返納増加 島根県内19年3757人、全国で相次ぎ事故

2020/12/27 21:04

 島根県内の65歳以上の高齢者の運転免許返納者が2019年に3757人に上り、15年に比べて約2・4倍に増えたことが県警のまとめで分かった。全国で高齢ドライバーの事故が相次いだことが要因とみられる。県内でも交通事故の半数近くに高齢者が関係しており、代替となる交通手段の支援など免許返納をしやすい環境づくりが急務となっている。

 県警交通企画課によると、免許を返納した高齢者は15年に1584人だったが、年々増加。20年は新型コロナウイルスの影響を受け、11月末現在で2765人にとどまるが、県内全域で増えている。昨年4月に東京・池袋であった80代男性の乗用車が暴走し母子が死亡した事故や、ブレーキとアクセルの踏み間違えによる事故が全国で相次ぐことが影響したとみられる。

 ▽高齢者が関係する死亡事故、全体の80%
(ここまで 354文字/記事全文 782文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧