• トップ >
  • トピックス >
  • 広島県内85人感染、2人死亡 27日の新型コロナ 10日間で千人増、累計3千人超える【動画】

トピックス

広島県内85人感染、2人死亡 27日の新型コロナ 10日間で千人増、累計3千人超える【動画】

2020/12/27 23:12

広島県庁

 広島県で27日、新たに85人の新型コロナウイルス感染が確認された。県内の感染確認は3004人となり、3月7日の初感染発表から累計3千人を超えた。この10日間で約1千人増えており、感染拡大に歯止めがかかっていない。広島、福山市は、それぞれ入院していた感染者各1人の死亡を発表。県内の死者は23人となった。

 【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況

 広島市の感染者は10歳未満〜90代の56人。70代の1人が中等症という。市は、市内の医療機関と高齢者施設の計2カ所で新たなクラスター(感染者集団)が発生したと発表した。

 医療機関では、この日までに20〜60代の職員5人の感染が判明。22日から休診し、患者約80人のPCR検査を進めている。高齢者施設では60〜90代の職員や入所者、利用者の計10人が感染。市は接触者が特定できているとして、いずれも施設名を公表しないとしている。

 福山市は4人。うち2人は国立病院機構福山医療センターの入院患者で、これまでに感染が確認されているのと同じ病棟。同センターのクラスター関連は計19人になった。

 東広島市は20〜80代の9人で、うち7人が県内のオフィスビルのクラスター関連。呉市は50代の2人で、いずれも軽症という。この他の感染確認は、府中町7人▽三原市、尾道市、竹原市、府中市、廿日市市、安芸太田町、海田町各1人。

 また県教委は、県西部の県立学校に通う安芸太田町の1人の感染を公表。広島市教委、府中町教委はそれぞれ、東区の市立中の生徒1人、府中中央小の児童1人が感染したと発表した。 

【関連記事】

広島県、12月の感染者2千人超え 新型コロナ 26日は1人死亡、111人感染確認

広島県で感染最多141人 広島市98人、市商高でクラスター 新型コロナ

広島県、24日は98人感染 新型コロナ、1人が死亡 広島市、自宅待機が600人

広島県・市、年末年始の診療体制整備 舟入市民病院に代わり他の医療機関が内科担う



  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧