地域ニュース

馬洗川の内水氾濫に備え 三次市21年度、市民ホール隣に雨水貯留池着工

2020/12/28 13:58
三次市が雨水貯留池を整備する予定地(手前)。奥の建物は市民ホールきりり

三次市が雨水貯留池を整備する予定地(手前)。奥の建物は市民ホールきりり

 三次市は2021年度、西日本豪雨(18年7月)で馬洗川の支流があふれる内水被害があった畠敷町と三次町願万地地区の浸水対策を本格化させる。洪水時に雨水貯留池となる駐車場の整備を市民ホールきりり(三次町)の東隣で始めるほか、浸水が懸念される地盤が低い場所に住宅を新築する場合に建物の高床化やかさ上げを義務付ける条例の施行を目指す。
(ここまで 164文字/記事全文 710文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧