地域ニュース

益田「中世の歴史」日本遺産認定半年、セミナーや豪族キャラ活用 実行委、まずコンテンツ作り

2020/12/29 7:58
益田氏の当主のイラストを乃希さん(左端)とチェックする明誠高イラスト部員

益田氏の当主のイラストを乃希さん(左端)とチェックする明誠高イラスト部員

 益田市の「中世の歴史」が日本遺産に認定され、今月で半年が過ぎた。市民に知ってもらおうと、官民でつくる実行委員会がセミナーなどを開催。豪族の益田氏当主をイラスト化してまちづくりに活用する動きも始まった。実行委は観光客の受け入れ体制を整えてからPRを本格化する方針で「まずコンテンツ作りを進め、まちづくりを担う民間の人材も育てる」と構想を描く。
(ここまで 171文字/記事全文 1166文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧