地域ニュース

改革担う院長を公募 笠岡市民病院、常勤医師も

2020/12/29 22:50
初めて院長を公募する笠岡市立市民病院

初めて院長を公募する笠岡市立市民病院

 笠岡市立市民病院(同市笠岡)は、来年3月末で定年退職を予定している稲垣登稔院長(65)の後任院長を公募している。同病院は施設の建て替えや、今後の病床数の規模など運営の在り方などを検討中で、改革を担う人材を求める。同病院の院長公募は初めて。市によると、公立病院での院長公募は全国的にも珍しいという。
(ここまで 149文字/記事全文 631文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧